高反発マットレス 腰痛 比較

腰痛対策に本当に必要なマットレスの選び方の3つのポイント

高反発マットレス 腰痛 比較

はじめまして。
私は福山で整体院を開いている作業療法士の仲光久代といいます。
もともとは病院の作業療法士として働いていましたが、7年前に整体院爽楽を開業しました。

 

14年間、病院に勤務していましたが、より丁寧に患者さんに向き合い、サポートして行きたいという思いから、整体院を開業しました。
作業療法士の免許の他、ケアマネージャーや介護支援専門員といった資格を取得している有資格者として、安心して患者様と向き合い、患者様が抱えている問題の解決を、一緒に考えサポートして行くことが出来る今の仕事は、とても充実しています。

 

作業療法士免許証

介護支援専門員証明書

 

当院に来院される患者様は様々な症状を訴えられていらっしゃいます。
症状も様々で、実際にお話を聞きながら症状の改善に向けて最善と思われる施術を行っていきますが、中には繰り返し同じような症状で来院される患者様も多くいます。

 

高反発マットレス 腰痛 比較

 

先日は家族の方に支えられるように来院された患者様がいて、施術を行った結果その時には腰痛が収まりましたが、翌朝にはまた腰の強い痛みを感じたということで来院されました。
一晩寝たら腰が痛くなっていた。
このようなことは今までなかったのにと言われる患者様は、つい最近寝具を買い替えたそうです。

 

 

寝て起きると腰がいたい 〜実はこのような患者様は多い

高反発マットレス 腰痛 比較

5年から6年ほど前から、ほぼ毎朝のように腰の痛みが辛く、朝は痛み止めを飲むことが習慣化している。
というAさんという患者さまがいらっしゃいます。
朝起きると頭も痛く、起き上がるのも苦痛と感じ、さらに腰も痛いそうです。

 

お仕事はパソコン作業を行う事務職で、ほぼ一日中座りっぱなしの姿勢で過ごしていることがおそらくその原因である。
と考えられていたそうで、この腰痛を緩和するためにと思い、腰痛緩和のための寝具なども試してみたそうです。
例えばベッドのマットレスの上に敷くタイプの高反発マットレスなどは、結構高額で効果を期待していたそうですが、思っているような効果もなく、結局痛み止めが手放せなくなってしまったそうです。

 

痛みは時にぎっくり腰と思うくらい強くなることがあり、このような時には頓服の痛み止めでは効き目がなく、座薬などを使用してみることもあるそうですがそれでも効果がないので困っていたそうです。

 

旅行先でベッドに横になると腰痛が良くなることがあるので、寝具に問題があるのかとも思うそうですが、やはり良い寝具というのは価格的にも手が出ない。
かといって腰痛の度にマッサージに通うようなお金も出すことが出来ないので、痛みが強い時にだけマッサージなどに通うというような対処をしてきたそうです。

 

Aさんなりの対処方法のおさらい

 

高反発マットレス 腰痛 比較

 

Aさんは起き上がることが出来ないような頭痛、そして強い痛みが出てくることがある腰痛に悩んでいらっしゃいました。
この痛みに対する対処方法は、簡単にまとめるとこのようなものだったようです。

 

痛みに対しては基本的に痛み止めで対処

→ただ、痛み止めの飲み過ぎによって胃痛などを感じる事もあり、あらに背中の痛み、腰の痛みが強くなってしまうため、結果的には温めるということで対処する

 

クッションを太ももに挟んで横向きに寝てみる

→起きるとすでに寝ている体勢が崩れ、クッションも外れているので効果が分からない

 

床に直に寝てみることが腰痛に効果的と聞いたのでやってみる

→思いのほか冷えてしまい、真夏以外は難しかった

 

90分〜120分ほどの長めのマッサージをしてもらう

→一時的な効果はあるがやはり長く効果を得ることが出来ないし、費用の面でも継続が難しい

 

銭湯や温泉に定期的に通って温める

 

長時間の運転ではストレッチを必ず途中に挟み、腰当なども準備する

 

腰痛対策のための高反発マットレスを購入した

→このマットレスを使い始めてから腰痛がかえって悪化してしまった

 

このような対処法を行ってきたそうですが、根本的な改善効果を得ることが出来ずにいたそうです。

 

腰痛対策のために購入した寝具に問題がある可能性

 

Aさんの場合、腰痛対策のために購入した約5万円の高反発マットレスを遣うようになった頃に、腰痛がよりひどくなってしまい、自分一人では歩くことが出来ないほどの強い腰痛を起こしてしまった。
という経過があります。

 

腰痛を少しでも和らげ、そして良い睡眠を取ることが出来るように。
そのような思いで購入したマットレスでしたが、実はこのマットレスに問題がある可能性があります。

 

朝起きた時に強い腰痛を感じるという方の中には

病院で使っているということで購入したマットレスを使い始めてから腰痛が酷くなった
高反発マットレスが良いと聞いたので購入してみたが合わなかった
結局元の寝具に戻したほうが、腰痛は緩和された

というような経験をしている方が多くいます。

 

評判が良いと言われているマットレスが、必ずしも腰痛を改善させることが出来るマットレスとは限りません。
実はマットレス選びに失敗をすることで腰痛を悪化させてしまう人はとても多くいるんです。
そこで、腰痛対策に本当に向いているマットレス選びのポイントを3つ紹介して行きたいと思います。

 

腰痛対策になるマットレスを選ぶための3つのポイント

Point1 寝ている姿勢が正しく保てる硬さがあるか

 

高反発マットレス 腰痛 比較

 

腰痛対策には硬いマットレスが良いということを聞いたことがある方は多いですよね。
それはどうしてなのでしょうか?
腰痛が起こる原因は、大きく分けると腰椎がずれること、骨盤がずれること、腰回りの筋肉が凝り固まってしまう事の3つになります。

 

高反発マットレス 腰痛 比較

人の頭部というのはとても重く、この重たい頭部がもっとも上にあるために、身体を支えるのはとても大変です。
ですが、背骨が緩いS字カーブを描くことで、バランスを保ち上手に体を支えることが出来ます。
実はねている間も、この背骨のS字カーブを保たせてあげることがとても大切です。
背骨のS字カーブを保たせるためには、腰椎と骨盤のズレを予防することが必要になってきます。

 

高反発マットレス 腰痛 比較

 

この仰向けに寝ている時には背中のS字カーブが保たれ、横向きになった時には頭やお腹など重たい部分が沈み込まず、背骨がまっすぐな状態という姿勢を保つことが出来る硬さのマットレスであること。

 

これが大切なポイントです。

 

柔らかすぎるマットレスの場合いは、仰向けになると背中がマットレスに沈み込んでしまい、猫背のような状態になってしまいます。
横向きになるとお腹の部分が沈み込み、背骨がしなるような形になってまっすぐな状態を保てません。
その結果、腰椎と骨盤には負担がかかり、さらに曲がってしまっている身体を支えるために腰回りの筋肉に負担がかかります。
これが、柔らかすぎるマットレスによって起こる腰痛の原因です。

 

では硬すぎる場合にはどうなるのでしょうか?
仰向けになった時に、肩甲骨や骨盤の後ろ側の部分に体重が掛かり、この部分の血流が低下しますし、神経も圧迫されます。
一部分だけ体重が掛かることになるので、筋肉にも負担が掛かるので、腰痛や肩こりなどが起こります。
また横向きに寝た場合には、やはり片方の肩や骨盤の横側だけに体重が掛かります。
お腹もマットレスについてしまうため、背骨がゆがむということが起こります。
歪みを正そうとすることにより、やはり腰痛は強くなります。

 

Point2 寝返りのしやすいマットレスであること

 

高反発マットレス 腰痛 比較

 

人は寝ている間に20〜30回の寝返りを打ちます。
実はこの寝返りは、寝ている姿勢を変えることによって血行を改善させたり、身体の筋肉のバランスや骨格のズレなどを修正するという役割もあるんです。
日中に起きて生活をしていると、どうしてもズレや筋肉のバランスの崩れが起こりますが、寝返りを打つことでこれを修正しているんです。

 

ですが、十分に寝返りを打つことが出来るスペースがないマットレスでは、寝返りをすることが困難です。
沈み込み過ぎて寝返りがしにくいマットレス、硬すぎて寝返りを打つと身体が反発してしまうといったマットレスは、寝返りをするだけでも体力を消耗してしまいます。

 

寝返りを打つことが出来るだけの広さがあり、体力を使わなくても軽い力でしかりと寝返りが出来るマットレスを選ぶ

ということが大切になります。

 

Point3 快適な環境を保てるマットレスか

 

高反発マットレス 腰痛 比較

 

睡眠中、寝ずらさを感じてしまうよう。ということが起こることがあります。
例えば

  • 梅雨時期はじめじめとしていて眠りづらい
  • 冬は寝具もパジャマも温かいものが良いと思っているが、厚くなりすぎて眠りづらい
  • ダニやカビが原因で眠りづらい

というようなことが起こりえます。

 

湿度や気温は睡眠環境を整える時には重要な要因になります。
ウレタン素材のマットレスは通気性が低いために湿気がこもりやすく、あまりおすすめできません。
コイル入りや固綿入りのマットレスは通気性の面では良いのですが、硬さが問題になることがあります。
もちろん、身体にあった硬さであれば、問題はありません。

 

通気性が悪いマットレスは、湿度の面だけではなく、ダニの温床になりやすく、またカビも生えやすくなってしまいます。
ダニやカビは寝苦しさだけではなく、皮膚疾患や呼吸器疾患などの原因となってしまいますので、やはり通気性は重要なポイントになってきます。

 

マットレスは一度寝てみないと分からない部分がある

人の骨格や筋肉のバランス、そして体型などは個性があります。
そのため、マットレスについても、その人によって合うもの合わないものが出てきます。
人が良いと感じているマットレスでも、その人に合っていなければその人にとっては良いマットレスとは言えません。

 

そのため、マットレスを選ぶ時には、必ず一度横になってみること、できれば数日実際に寝てみる。
ということを試してみることがお勧めになってきます。

 

  • 寝ている時に良い姿勢を保つことが出来るか
  • しっかりと寝返りを打つことが出来るのか
  • 通気性があり清潔に使うことが出来るのか

 

この3つのポイントを抑え、さらに自分に合っているマットレスを選ぶことがとても大切になっているんですよ。
この3つの要素を抑えている腰痛に効果のあるマットレスはモットンがおすすめです。

更新履歴